彼と一緒にできる!セルフケアを取り入れよう

投稿者: | 2020年11月10日

彼と一緒にできる!セルフケアを取り入れよう

セックスは、2人の愛を確かめ合うコミュニケーションの一つでもあります。

彼のEDが原因でセックスレスになったら、関係性にヒビが入る可能性も考えられるんです。始めは最近エッチが減ってきたな…という程度でも、セックスレスが続けば「私に魅力がないの?」「もしかしてどこかで浮気しているのかな」と不安になりがち。

もしEDが原因でセックスレスに陥ってしまったら、2人で支え合ってピンチを乗り越えていきましょう。

ED彼氏のためにできるサポートは、いろいろあります。ここではいくつか紹介していくので、トライできそうな方法から始めてみてください。

焦らずいこう!2人でできる改善方法とは

勃起不全が生じると、硬さ不足やフルボッキを維持できないことから性行為に満足できなくなります。男性器のい硬さが十分でないと、膣に挿入できなくなるからです。

性欲を感じているのにペニスが元気にならないため、男性も「なんでダメなんだろう」と不満に感じるでしょう。女性側も、早く元気になってほしいと思うはずです。

しかしEDは、簡単に改善するほど単純な問題ではありません。
勃起不全を引き起こしている要因は、身体的なものから心理的なものまでさまざま。男性自身も、何が原因で勃起できないのか分かっていないケースが多いんです。

もし彼がEDになったと告白してくれたら、「私にムラムラしなくなったの?」と悲観的にならずに「そっか、じゃあ2人でどうしたらいいか考えよう」と優しく受け入れてあげましょう。

彼女だからこそ、一緒にできる対策がいろいろあります。これから紹介する方法に目を通して、できそうなことから彼と一緒にやってみてくださいね。

スパデートで血流を良くしよう

ペニスが弱々しい理由の一つに、血行不良があります。性的興奮を感じても、ペニスに十分な血液が送り込まれなければ勃起できません。

スパデートなら一緒に入れる場所もあるので、「2人でポカポカになろうと誘えば彼ものってくれるはずです。このとき、わざわざ「ED改善のため」という必要はありません。

男はプライドの高い生き物なので、「ED」という言葉を使われただけで嫌な気分になってしまう可能性があります。さり気なくさそって、2人の時間を楽しめば大丈夫です。

精のつく料理を作ってあげる

EDを引き起こす血流不全ですが、食生活が関係していると言われています。特にコンビニ弁当やファストフード、外食ばかりの生活は良くありません。

彼のペニスを元気づけるためにも、愛情たっぷりで栄養満点の手料理を振る舞ってみませんか。特に男性は、唐揚げや焼き肉、牛丼、豚のロースといった肉料理好きが多いもの。一緒に亜鉛の含まれる牡蠣や新陳代謝を促す長いもをそえれば、彼の勃起力アップに繋がりますよ。

エッチのお誘いを控える

彼がEDを気にしている場合、「また失敗したらどうしよう…」と思って不安になっている場合があります。そんなときに彼女から積極的に「エッチしたい」と誘うのがNGです。彼は断りにくいなという罪悪感から、エッチをOKしてくれるかもしれません。

しかし不安感が残っているときエッチしても、再び勃起不全を引き起こし「またダメだった…」と自信が無くなる一方なんです。

それならいっそ、潔くセックスの回数を減らすのもありです。エッチしない分、手をつないだりハグをしたりして、スキンシップを取りましょう。

心がリラックスして満たされれば、彼も余裕ができて自分からエッチを始めたがるはずです。